滲出性中耳炎 北九州市戸畑区の耳鼻咽喉科・小児科 一枝クリニック

一枝クリニック
WEB予約 WEB問診票

イラスト滲出性中耳炎

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎は、鼓膜の内側の中耳に滲出液が溜まっている状態を言います。急性中耳炎も中耳に液体(膿)が溜まり、急性炎症(耳の痛み、発熱、鼓膜の腫脹など)がありますが、
滲出性中耳炎は急性症状がないのが特徴です。

イラスト

中耳に滲出液が溜まることにより、鼓膜の振動が行われなくなり、耳が詰まった感じがします。滲出性中耳炎は10 歳になるころには治るのですが、治るからと言って放っておくと難
聴が残ったり、言語発達遅延、中耳発育不良などを引き起こしてしまいますので、完治するまで治療を続けましょう。

写真

(陥凹した鼓膜)

原因

・急性中耳炎
・アデノイド肥大
・アレルギー性鼻炎
・副鼻腔炎
・耳管の機能が低下

症状

・耳鳴り
・耳が聞こえづらい、詰まった感じがする

イラスト

下記の症状に気付いたら受診ください。

  • 話し声が大きくなってきた
  • テレビのボリュームを上げてしまう
  • 耳をよく触っている
  • 呼びかけても反応しない、振り向かない
  • 何度も聞き返す
  • 風邪や鼻炎が長引いたことがある
  • 慢性的な鼻炎がある

イラスト

特に3~6歳の子どもは聞こえづらいことを伝えることができませんので、様子がおかしければすぐに受診するようにしてください。

治療方法

ティンパノメトリーという鼓膜が正常に動いているかどうかの検査を行い、滲出性中耳炎の程度を確認します。また聴力検査を行い、聞こえの状態を調べる検査を行います。

その結果、滲出液を外に排泄するお薬を処方したり、お鼻の処置を行います。またお薬を服用しても効果が得られない場合は手術療法として鼓膜切開や鼓膜換気チューブ留置術を行い滲出液を外に出します。

  • 鼓膜切開

    (鼓膜切開)

  • チュービング

    (チュービング)