小児急性中耳炎

小児急性中耳炎の診療のよりどころになる小児急性中耳炎診療ガイドラインが今年の5月に改定されました。
診療上に関わる変更点は1.抗生剤の効果判定に3~5日と幅をもたせたこと2.鼓膜切開を選択できる場面が増えたことです。1.に関しては以前のガイドラインでは抗生剤の効果判定は3日となっていましたが、実際の診療では4日、5日後に判定することが多くあり、実際の診療に則した改定になっていると思います。2.に関しては鼓膜切開を適用となる機会が増えるので、診療で鼓膜切開をご提案することが増えると思います。
小児急性中耳炎は副鼻腔炎を合併していること、気管支炎や肺炎を合併していることが多くあり耳鼻科でも小児科でも診療する疾患です。中耳炎は耳鼻科受診?小児科受診?と迷われる方もいると思います。私の考えでは、メインの症状に応じて受診される科を選択されるのがよいと思いますが、各科得意、不得意がありますので適切な時期に耳鼻科と小児科で連携(診察所見、治療方針の共有)して診療することが重要と考えています。
現在北九州ではRSウイルス感染が流行しています。ウイルス感染に伴い鼻汁が大量にでるため中耳炎が増えております。気になることがありましたら ご相談ください。


投稿者名 江島 投稿日時 2018年07月27日 | Permalink

学校検尿

春に行った尿検査の結果が返ってくる時期がやってきました。学校検尿が日本ではじまってから、治療が必要な腎臓病が早期に発見され、早期治療を行うことで、透析になる確率をさげることができています。
『血尿、蛋白尿などが出ています』とのお知らせがきた場合には、必ず病院を受診し、検査を受けてください。
軽度の血尿(+-や1+)や蛋白尿(+-や1+)の方、大きな病院でエコーなどの検査を受けて異常がないといわれたけれども血尿や蛋白尿が続く方は当院でも検査を行うことができます。お気軽にご相談ください。
尿のことで受診される方は、朝1番のおしっこを持参されると、検査がスムーズに行えます。


投稿者名 江島 投稿日時 2018年05月23日 | Permalink

当院での舌下免疫療法治療の流れ


当院では舌下免疫療法を上記のように導入しています。。初回治療は治療法の説明に時間がかかるのと病院で少なくとも薬剤の初回投与後30分経過をみるため、予約制にしております。また、2018年6月より体制を整え、土曜も初回導入できるようにしました。


投稿者名 江島 投稿日時 2018年05月21日 | Permalink

小児用の目の検査の機械

小児科にSpot vision screener(目の検査の機械)を導入しました。7カ月健診以上の方は健診の際全員目のスクリーニング検査(近視、遠視、乱視、斜視)を行っております。視力障害はできるだけ早期に見つけて、適切な治療を行うことが大切ですが、こどもさんの目の検査はなかなか協力が得られず、検査自体ができないことも多々あります。Spot vision screenerは数秒間の検査で両目の検査ができるため、こどもさんに負担をかけることなく検査を行うことができます。ご希望のある方は、健診以外でも検査を行っております。お気軽にお声掛けください。



投稿者名 江島 投稿日時 2018年04月25日 | Permalink