MENU
2019-01-09 インフルエンザ検査について
インフルエンザの検査は基本鼻に綿棒を入れて検査をします。検査結果は5分~15分くらいです(発熱からの時間によって検査時間が変わります)。
発症の直後はウイルスの量が十分ではなく、ウイルスを検査で感知できずに陰性になることがあります。迅速診断キットで判断できる十分なウイルスが増殖するのは、一般的には発症(発熱や関節の痛み等)後12時間以上が経過してからです。
※陽性になるまでの時間は、人によって多少前後することがあります。

  • インターネット予約受付