めまいについて

梅雨の時期になりました。☔
梅雨の時期になると頭痛、めまい、耳鳴りでお困りの患者さんが増えます。
気象病とよばれることもあります。しかし、はっきりとした理由は分かっておりません。実際に診療していると関連があると実感することが多いです。

梅雨の時期にめまいが多い原因として以下のものが推測されています。
①雨が降り、気温や湿度の影響でストレスが生じる
②梅雨は低気圧がきているので 内耳の圧センサーが察知して生じる


夏~秋に台風(熱帯性低気圧)が来たときにもめまいや耳鳴りでお困りの方がが増えるので耳鼻科医としても納得できます。
そこで めまいの診療の際、「今までめまいがあったときは、天気がわるかったですか?」と聞くようにしています。天候と関連のあるめまいには効果のある漢方薬もあり、事前にめまいに対して対策することができます。
めまいが定期的にあるかたは、天候と関連があるか気にしていただくとめまいの対処法がみつかるかもしれません。また 毎年梅雨の時期にめまいがあるかたはご相談いただければければ 一緒にめまいの対処法を探します。


投稿者名 一枝クリニック 投稿日時 2020年06月10日 | Permalink